上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
泡沫のパティ ( ´_ゝ`)兄者がプロポーズをするようです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ´_ゝ`)兄者がプロポーズをするようです 

スレ立て安価短編。ksms表現有り。
当時の流れを再現するために安価内容と一部書き込みも載せています。


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 20:36:25.51 ID:WW66UPFl0
クリスマスまでカウントダウンを迎えた十二月二十二日。
外は今季最初の初雪が舞っていて、独り身には身も心も寒い季節になった。

VIP街の一角にある流石家の二階。そこでは流石兄弟がいつもと変わらず、パソコンに視線を向けていた。
暫く無言でいた二人だったが、不意に兄者が口を開く。
いつもと変わらないその奇妙な一言が、これから起こる全ての始まりだった。

( ´_ゝ`)「嫁が欲しい」

(´<_` )

( ´_ゝ`)

(´<_` )「現実を見ろ、二次元は決して三次元に現われる事はないんだ」

( ´_ゝ`)「いや違う。三次元の嫁が欲しい」

(´<_` )

( ´_ゝ`)

(´_!_`)

いつになく真剣な兄者の瞳に、弟者は頭が痛くなるのを意識の奥で感じたのだった。



( ´_ゝ`)兄者がプロポーズをするようです



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 20:37:50.54 ID:WW66UPFl0

(´<_` )「嫁が欲しいって彼女もいないくせに何を言っているんだ」

( ´_ゝ`)「結婚を前提に付き合ってもらおうかと」

(´<_` )「今時そこまでして付き合ってくれる子いるわけないだろ」

( ´_ゝ`)「出来ちゃった婚なんて言葉もある位だ。付き合っちゃった婚なんて言葉も存在するだろう」

(´<_` )「流石にそれはねーよ」

( ´_ゝ`)「とにかく! 愛があればそこに時の流れなど存在しない! 
      出会ってすぐに恋に落ちちゃう一目惚れもあるんだから!
      大切なのは運命! 愛! 情熱!」

(´<_` )「簡単に言えば彼女が欲しいだけなんだろう。
      毎年この時期になるといつもそう言って勝手に嘆いているじゃないか」

( ´_ゝ`)「今年の俺はひと味違うんだ。
      イケメンと名高いジョルジュから知り合った女の子が俺のアドレスに載っている……。
      つまりそこから当たっていけば俺の運命の人が見つかるという寸法!」

(´<_` )「ちなみに狙っている子は?」

( ´_ゝ`)「何かもう胸がある女の子なら誰でもいい」

(´<_` )「敢えて貧乳の女を敵に回すとは流石だな兄者」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 20:38:46.60 ID:WW66UPFl0
弟者はそう言うと、手元にあった自分の携帯に手を伸ばす。
慣れた手付きでアドレス帳を出すと、そこには沢山の名前が登録されていた。
その中から、二年生というグループを検索すると、そこから更に数名の女の子の名前を割り出した。

(´<_` )「クラスメイトの女の子のアドレスしかないんだったか?」

( ´_ゝ`)「いや、後は内藤経由でツンや素直姉妹も知ってる」

(´<_` )「じゃあ兄者がまともに話せる女の子は八人か」

言いながら弟者は兄者の隣を離れ、自身の机から一冊のノートを取り出す。
不思議そうにノートに注目した兄者は、弟者の行動が読めず首を傾げるばかりだった。

( ´_ゝ`)「何だそのノート」

(´<_` )「それより兄者。今回の事は本気なのか?」

弟者の目はいつになく真剣だった。
兄者は不思議そうな顔をしながら質問に質問で返す。



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 20:40:00.76 ID:WW66UPFl0

( ´_ゝ`)「嫁ゲット作戦の事か?」

(´<_` )「順序としては色々間違っているが、本気で彼女が欲しいというなら協力してやらない事もない。
      アドレスに登録している女の子はある程度メールのやり取りもしているんだろ。
      可能性は低いが、もしかしたらその気にさせる事は出来るかもしれない」

( ´_ゝ`)「弟者……」

(´<_` )「兄者……」


( ´_ゝ`)b「流石だよな俺ら」d(´<_` )

満面の笑みで見つめ合いながらガッツポーズをする兄弟。正直キモい以外の何でもない。
互いの気合いを確認し合うと、弟者は持っていたノートを机の上に広げて見せる。

そこに書かれていたのは、見覚えのある女の子の名前と箇条書きにされたメモ。
驚きながらノートのページを捲る兄者に弟者は得意げに笑っている。


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 20:40:59.48 ID:WW66UPFl0

(;´_ゝ`)「凄い……VIP高の全学年の女の子のデータがこの中に入っている……」

(´<_`* )「伊達に調査部やってないからな。
       流石に兄者の学年の女の子の情報は全て集める事は出来ていないが
       ここから好みの子にアプローチしてみろよ」

( *´_ゝ`)「おお! じゃあ早速アドレス帳から照らし合わせて見てみるか」

興奮した様子で兄者は携帯を取り出すとアドレス帳を呼び出す。
弟者と違い、簡単に振り分けられたグループからクラスメイトの女の子のアドレスを割り出した。

(´<_` )「まぁまずは候補に上がっている女の子をノートと共に簡単に見ていこうか」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 20:42:05.24 ID:WW66UPFl0

川 ゚ -゚)
素直クール

二年C組
素直姉妹の長女でありヒートの双子の姉。
常に冷静で言いたい事をハッキリ言う姉御肌。容姿端麗、才色兼備。文句なしの美人。
時期生徒会長候補。胸は微乳。


-------

ノパ⊿゚)
素直ヒート

二年B組
素直姉妹の次女であり素直クールの双子の妹。
熱血で常に大きな声を出している明るく元気な子。
空手部に所属しており、男女問わずみんなと仲が良い。
胸は普通。


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 20:43:00.78 ID:WW66UPFl0

ξ゚⊿゚)ξ
ツンデレ

二年A組
通称ツン。男勝りで言動が少しキツい。
しかし同性や弱い立場の人間には優しい一面も見せる。
幼馴染みのブーンとはとても仲が良く、お互いの家を行き来する程。
胸は貧乳。


-------

从 ゚∀从
ハインリッヒ高岡

二年C組
通称ハイン。下品な行動が目立つ不良。
気に入らない奴は殴り、自由奔放に生きる野性児。よく一人でうろついている。
留年をしており、本来ならば一つ上の学年である。
胸は普通。


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 20:44:24.10 ID:WW66UPFl0

(゚、゚トソン
都村トソン

二年C組
大人しく、真面目。
特定の友人はいないのか一人でいる事が多い。
読書家で放課後はよく図書館で本を読んでいる。
ちなみに胸は普通。

-------

从'ー'从
渡辺さん

二年C組
下の名前は不明。
天然でよく転ぶ。トロいのでよくからかわれたりしている。
とても優しく、誰にでも平等に接している。
ちなみに胸は巨乳。


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 20:45:21.77 ID:WW66UPFl0

('、`*川
ペニサス伊藤

二年C組
特に特徴がなく普通。いつもぼーっとしていて何を考えているのかわからない。
男子にあまり興味がないのか、自分から話し掛ける事が全くない。
ちなみに胸は巨乳気味。

-------

lw´‐ _‐ノv
素直シュール

一年A組
素直姉妹の三女。
不思議なその佇いと意味不明な言動から近付きずらい印象を与えている。
文芸部に所属しており、百年に一人の才能としてメディアから追っかけられている。
ちなみに胸は巨乳。


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 20:46:30.17 ID:WW66UPFl0

(´<_` )「まぁこんな所か」

( *´_ゝ`)「こうして見ると結構多いもんだな」

(´<_` )「もし今年中に必ずゲットしたいというなら三日後のクリスマスが勝負だ。
      統計によればクリスマスに結ばれたカップルは数知れず……。
      クリスマスムードでテンションが上がっているだけに相手の心を掴みやすいそうだ」

( *´_ゝ`)「つまりクリスマスに告白すればいいんだな! 
       うはwwwwwwwwwwwwwwwwwwテンション上がってきたwwwwwwwww」

(´<_` )(きめぇ)


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 20:48:09.39 ID:WW66UPFl0

(´<_` )「さて、ここでこのスレを見ているみんなに説明しなければならない」

(´_!_`)9m「そうだよお前の事だよ。目ぇ逸すんじゃないぞ」

(´_!_`)「ここから先は安価で決断を任せようと思う。
     つまり兄者が誰と結ばれるか、はたまた今年も独り身でいるかは安価にかかっている」

(´_!_`)「期限は今日を含めて三日間。
     一日に最高二人の女の子にこちらから接触出来るから気になる子にはドンドン近付いていけ」

(´_!_`)「後上記以外にも候補に上がっている子は二人いる。
     安価次第では会えるかもしれないから、気になるなら見つけてみるんだな」

(´_!_`)「そしてこれは兄者には言ってないんだが……
     上記の候補の中には既に彼氏がいる奴や兄者と付き合える確立がゼロに等しい奴もいる。
     それが誰かはわからないが、出来ればそういう相手を狙わないようにするんだな」

( ´_ゝ`)「弟者、お前なにやってんだよ」

(´<_` )「いや何でもない。取り敢えず最初は誰と連絡を取ってみようか」

( *´_ゝ`)「そうだな! まず>>20からいってみるか」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 20:50:26.63 ID:ot3f5VdI0
ヒートだろおおおおお!!!!jk!!!!

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 20:51:09.66 ID:SND6OtYg0
ヒート

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 20:51:16.59 ID:7p/V3XUr0
弟者

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 20:56:18.43 ID:WW66UPFl0

( ´_ゝ`)「では早速弟者にアプローチしてみるか」

(´<_`  )「ちょwwwwwwww待てwwwwwwwwww人の話聞いていたかwwwwww」

( ´_ゝ`)「なーに問題ない。えーっと……好きなタイプは誰だ」

(´<_` )「ブラクラばっかり踏むキモオタな男とは付き合いたくないな」

(*´_ゝ`)「じゃあ俺もうブラクラ踏まないようにする。身なりも気にしてイケメンになるようにする」

(´<_` )(誰だよこんな安価した奴)

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 20:56:33.48 ID:lkKiVCE0O
フイタwwwwwwwwwwwwwww

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 21:02:24.80 ID:WW66UPFl0

(*´_ゝ`)「よーし、まずは風呂に入ってくるか。三日ぶりだから気持ちいいだろうな」

(´<_` )「三日も風呂に入らず2ちゃんとは流石だな兄者」

(*´_ゝ`)「褒められるほどでもないぞ。待ってろよ、戻ってきたら一緒に出掛けようではないか」

そう言うと兄者は着替えを持って部屋から出て行った。
心なしかスキップをしているように見えるのは気のせいだろう。
弟者は部屋から出て行った兄者を見送ると、床に膝を着いて意味不明な悲鳴をあげた。

(´<_`;)「どうすんだよ、あいつ本気だぞ……このままいくと兄者とksms展開になってしまう」

(´<_`;)「まだ童貞なのに後ろの処女なんて渡したくない。いや渡されてくない」

(´<_`;)「>>31、俺はどうしたらいいか?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 21:03:12.96 ID:qznwFuEAO
頑張れ作者wwwww




安価ならハイン

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/12(金) 21:03:30.82 ID:ldp8tddU0
レッツksms

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 21:04:13.11 ID:LbNarZCVO
兄者と風呂に入る

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 21:05:13.42 ID:slbL+4P2O
弟ww者wwww想定の範囲なんですかwwwwww

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 21:07:16.83 ID:WW66UPFl0

(´<_` )(こうなったら腹をくくるしかないか……)

(´<_` )(いや待て、そもそも俺たちは兄弟だ。こんな糞みたいな近親相姦が成立するわけないだろう)

(´<_` )「取り合えず同性愛板でも覗いてみるか」

いつもは兄者がいるパソコンの前に弟者は座る。
いつもはVIPしか覗かないから他の板がどういうものかよくわからない。
しかしこうなってしまった今、実際のksmsとはどういうものなのかを知っておきたかった。



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 21:13:51.17 ID:WW66UPFl0

初めて訪れた同性愛板は不思議なふいんきが漂っていた。
ゲイバー、ノンケの相談スレ、ホモ疑惑のある芸能人。
一通り見ると弟者は今までになかった感情が生まれたのだった。

(´<_` )「これが新世界か……」

今まで性の対象にしていたのは女だけだった。
しかし実際にはこんな世界があり、今もこの世界のどこかでは男同士でギシギシアンアンやっているのだ。
そう思うと弟者の中には一人の男が浮かんできた。

(´<_` )(兄者……)

(´<_` )ハッ

(´<_`;)「今…俺は何を……」

(*´_ゝ`)「はーい! お兄ちゃんが帰ってきたぞー!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 21:18:49.95 ID:WW66UPFl0

(´<_`;)「あ、ああ、おかえり兄者」

(*´_ゝ`)「やっぱり久しぶりの風呂はいいもんだな。さっぱりしたぞ」

(´<_` )「そうか、それは良かったな」

(*´_ゝ`)「それじゃあ、早速二人で出かけるか」

何故か二人で、を強調して言う兄者に弟者は寒気に近いものを感じた。
普段は外に出るより家にいたがる兄者が外に出たいと言うのだ。
明日はきっと季節外れの台風でもやってくるだろう。

(´<_` )「出かけるといってもどこに行くんだ」

( ´_ゝ`)「最近駅前に出来たショッピングモールにでも行こう。
      あそこなら色々あるから歩く手間も省けるだろう」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 21:22:39.78 ID:WW66UPFl0

駅前のショッピングモールといえばここから歩いてそんなに時間も掛からないだろう。
しかし、問題は近所に住んでいる友人とそこで会わないかだ。

いつもなら兄者と二人で歩いても何も感じないが、いかせん今日の兄者はいつもと一味も二味も違う。
まさか公衆の面前の前でやらかすとは思えないが、不安な事は隠せない。

(´<_` )(大丈夫……だよな?)

( ´_ゝ`)「何してんだよ弟者。さっさと準備していくぞ」

(´<_` )「ああ、わかったよ」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 21:27:32.93 ID:WW66UPFl0

兄者に促されて弟者は湯のみ着から簡単に着替える。
着替えている間も兄者からの視線が痛く感じたのは気のせいだろうか。
尻の穴に一抹の不安を感じながらも弟者は着替えを終えた。

(*´_ゝ`)「じゃあ早速出掛けよう」

そう言って兄者は弟者の手を握る。
いい加減いい歳になって手を繋ぐ兄弟など、気持ち悪い以外の何もない。

(´<_` )「何だこの手は」

( ´_ゝ`)「デートというものは手を繋いで行くものだろう」

(´<_` )「死ね。あんたは実の弟を何だと思っているんだ」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 21:33:00.10 ID:9I1ZfBvEO
今となっては、詳しくかかれた女子のプロフィールと
弟者の説明が空しいなwwwwww

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 21:36:20.69 ID:slbL+4P2O
>>60
せっかく調査したのにwwwwwのにwwwwww

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 21:37:42.32 ID:WW66UPFl0

( ´_ゝ`)「んー……今までは普通の仲のいい兄弟だと思っていたんだが……
      よく見れば顔も悪くないし、性格も悪くない。
      俺に付きっきりでいてくれるし、これは最強の嫁だと思うようになったんだ」

(´<_` )「よし、まず性別を考えてから物を言え」

( ´_ゝ`)「まぁまぁ、世界は広いんだ。
      近親相姦の男同士の愛だって実る可能性だってあるのだから」

(´<_` )(普通はないだろjk)

意味不明な会話をしながら二人は玄関の前につく。
これで母者や姉者が家にいればまだなんとかなったのかもしれないが、生憎家には流石兄弟しかいない。
元から逃げる気などなくしていたが、弟者は溜息をついて靴を履いた。

(*´_ゝ`)「では行こうか、弟者」

気持ち悪いくらいの笑顔で弟者に手を差し出す兄者。
その手を叩いてやろうかと考えたが、弟者は何も言わずに兄者のてを見つめている。
呆れたような顔をすると、弟者は差し出された手を恐る恐る握った。

(´<_` )「駅前に近づいたら離せよ」

( ´_ゝ`)「ツンデレktkrwwwwwwwww」

(´<_` )「うぜぇ」



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 21:45:36.35 ID:WW66UPFl0

外に出る際、弟者は近所の人に合わないか不安だったが、
幸いにも住宅街には遊びに出ていた子供達だけがいた。

(・∀ ・)「お兄ちゃんたち男同士なのに手繋いで変なのー」

(*´_ゝ`)「いいんだよ、お兄ちゃんたちは付きあtあbべしっ」

(´<_` )「このお兄ちゃんが久しぶりに外に出て怖いらしいから手繋いであげてるんだよ」

(・∀ ・)「引きこもりなんだ!引きこもり!引きこもり!」

(#)_ゝ`)「もーう、弟者ったらツンデレなんだからっ☆」

(´<_` )「殺すぞ」

案の上子供達にはからかわれたりしたが、
そこは弟者が上手いところ言い訳を付けてなんとかかわせたのだった。


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 21:50:38.13 ID:WW66UPFl0

駅前近くになると、弟者は駄々をこねる兄者を説得して何とか二人は手を離れて歩く事になった。
離れて後も兄者はしつこく弟者にくっついて歩いていたが、
その度に弟者は兄者を蹴って距離を作っていた。

(´<_` )「気持ち悪いからニヤニヤして歩かないでくれないか」

(*´_ゝ`)「この燃え滾るハートはwwwwwwwwとめられないwwwwwwwww」

(´<_` )(一瞬でも兄者を考えてしまった俺はどうかしていたようだ)


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 21:54:26.90 ID:DxhWiQ5/O
しかしこうもあっさりとターゲットを女→実の弟に替えてしまう兄者とは…

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 21:59:03.95 ID:WW66UPFl0
ようやく駅前のショッピングモールに着いた頃には、弟者の精神は死に掛けていた。
普段なら兄者と歩いても何も思わないのに、今日はずっと構えてばかりだ。
ちなみにこれは恋心ではない。だんじて恋心ではない。

( ´_ゝ`)「久しぶりにゲーセンに行ってUFOキャッチャーでもやるか」

(´<_` )「どうせまた金のムダ使いになるくせに……ってうわあああああ!」

突然悲鳴を上げて兄者から離れる弟者。
その視線の先には顔見知りの女子がいた。

lw´‐ _‐ノv「おや、流石ではないか。どうしたんだこんなところで」

川 ゚ -゚) 「へぇ、兄者には弟なんていたのか」

一人は弟者と同じクラスの電波娘、素直シュール。
一緒にいるのはその姉であり、兄者と同じクラスの素直クール。
何故よりによって二人の知り合いと会ってしまったのだろう。弟者はこの時ほど神を憎んだことはなかった。

(´<_`;)「やばい、どうしよう」

( ´_ゝ`)「どうした弟者」

(´<_`;)(兄者は素直姉妹に気付いていない。どうする>>81?)

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:00:24.96 ID:vA+iJyq50
取り敢えず兄者を黙らせよう








キスで

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:01:01.56 ID:jIOz5myc0
>>79

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:01:08.35 ID:IPRzkAa40
>>79

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:01:12.15 ID:iMA+MOgkO
兄者とディープキス

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/12(金) 22:01:41.23 ID:6PWSttm20
シューに兄じゃがキス

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:02:10.05 ID:GGINxLY60
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/12(金) 22:02:27.20 ID:bG+vkplp0
あれwwwwwwwwここ801版?wwwwwwwwwwwwwwwww

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:03:02.23 ID:lkKiVCE0O
これだから安価系は面白いwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:03:05.44 ID:DxhWiQ5/O
>>79-81
おまいらwwww

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:04:10.70 ID:52MIqcEXP
大天使テラワロエルwwwwwwwwwwwwwwwww

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:04:18.79 ID:w/jduA9bO
>>79と>>81には恐れいったわwwwwwwwwwwwwwwwww

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:09:54.80 ID:WW66UPFl0
(´<_`;)(取り敢えず人ごみに紛れて逃げよう)

( ´_ゝ`)「うお」

弟者は兄者の腕を引っ張ると、急いで素直姉妹と反対の方向へ駆け出した。
しかし、普段余り外に出ない兄者は突然の行動についていけず、
足が縺れて弟者に向かって倒れてしまった。

(;´_ゝ`)「弟者まtt」

(´<_`;)「ちょ、引っ張るn」

兄者に引っ張られるように弟者も体制を崩してしまう。
その反動で距離が近づいた二人を誰も止めることは出来なかった。

( ´_ゝ`)(´<_` )

( ´_ゝ`´<_` )

( ´_ゝ<_` )

川 ゚ -゚) ´‐ _‐ノv

( <_  )「GYAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!!!!!!!!!」


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:16:11.24 ID:WW66UPFl0
唇が重なるや否や弟者は慌てて離れると唇を強く擦った。
周囲の人たちは若干どころかドン引きだ。
兄者は頬を赤らめながら弟者の方を見ている。

(*´_ゝ`)「やだ……弟者ったら積極的なんだから」

(´<_`;)「どう見ても事故だよな! 積極的とかそんな問題じゃないからな!」

(*´_ゝ`)「いやー、さっきまでは冗談だったけど何か本気になりそうだわ
      弟者かーわーいーいー」

lw´‐ _‐ノv「流石……」

川 ゚ -゚) 「まさか……兄者がホモ野郎だったとは」


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:22:34.93 ID:WW66UPFl0
四つの怪しい視線を感じた弟者は全身から冷や汗を流していた。
名前も知らない他人だけならまだしも、顔見知りのクラスメイトにこの現場を見られたのだ。
人生最大の汚点だ。

(´<_`;)「シュー聞いてくれ、これはそういうのでは」

lw´‐ _‐ノv「いや、無理をしなくてもいい。たとえ流石がホモでも私はそのままの流石が好きだからな」

川 ゚ -゚) 「ワタシハナニモミナカッタミナカッタ」

(´<_` )「うわああああああああああああああああああああああ」

素直姉妹の反応に頭を抱えると、叫びながら雑踏の中へ走っていってしまった。

(;´_ゝ`)「弟者! おとじゃー!!」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:24:13.55 ID:c84DI5nB0
弟者の学校での立場終了のお知らせ

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:29:24.28 ID:slbL+4P2O
>>106
兄弟仲良くひきこもりですね、わかります
テラハッピーエンドwwwwww

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:30:03.37 ID:WW66UPFl0
慌てて追いかけるも、沢山の人の背中に埋もれて弟者は見えなくなってしまった。
運動が苦手な兄者だ。少し走っただけでもうへばってしまった。

(;´_ゝ`)「ひぃ……もう…………疲れた……」

膝がガクガクで歩くのも精一杯だ。
兄者は近くに合ったベンチに座ると、荒い息を整える。

( ´_ゝ`)「しかし、弟者は何でったって逃げ出したんだろうな」

兄者には素直姉妹が見えなかったらしく、弟者が逃げた本当の理由が分からないらしい。
暫くは何故弟者があの場から立ち去ったのか考えていたが
その理由が分かったのか、ぱあっと明るい顔をした。

(*´_ゝ`)「弟者め、恥ずかしくて俺を見ることが出来なかったんだな」

兄者の脳内はご都合主義の頭だった。

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:32:54.19 ID:WW66UPFl0
( ´_ゝ`)「さて、弟者を探したいところだが一体どこにいるのだろう」

( ´_ゝ`)「>>115、この中からどこを探したらいいのか教えてくれ
      ・広場
      ・ゲーセン
      ・探さないで待ってみる」


114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/12(金) 22:35:03.89 ID:bG+vkplp0
ベンチ→ガチホモ→探さないで待つ→やwwwらwwwなwwwwいwwwかwwww

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:35:06.71 ID:/Biml45f0
ホモ専用ラブホ

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:35:16.34 ID:6PWSttm20
ゲーセン

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:35:22.93 ID:c84DI5nB0
>>114

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/12(金) 22:35:39.34 ID:T7P/OJza0
探さない

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:38:31.32 ID:lkKiVCE0O
華麗に無視wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:39:17.92 ID:WW66UPFl0
(*´_ゝ`)「よーしwwwwwwwwここから近いホモ用ラブホに行くかwwwwwwwwww
      きっと弟者もそこで待っているに違いないwwwwwwwwwww
      うはwwwwwwwwww興奮してきたwwwwwwwwwwwwwwww」

全くの検討違いだ。
しかし兄者は本気らしく、先程までの疲れを見せない動きでショッピングモールから出ていった。

(*´_ゝ`)「童貞を好きな奴に捧げる俺wwwwwwwwwwwwテラシアワセwwwwwwwwwww」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:43:10.38 ID:c84DI5nB0
>>1が頭を抱えるようです

ってかホモ専用ラブホってなんだwww


131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:48:40.40 ID:WW66UPFl0
一方の弟者はと言えば、広場のベンチで頭を抱えて座っていた。

( <_  )「はぁ……一体俺はどうすれば」

最初は些細な兄者の一言からだった。
嫁が欲しい。一見すればどこぞのオタクの妄想だと思われるが、あの時の兄者の目は真剣だった。
こんなに真剣なのは、母者の腹から先に出ようと頑張っていたとき以来だ。

しかし弟者にとっては大切な兄だ。
どんなにバカでも、どんなに駄目な引きこもりでも、嫁が欲しいという彼の願いを叶えたかったのだった。

( <_  )「どうすんだよこれから」

公衆の面前でのキス。しかも学校のクラスメイトにも見られてしまった。
どう足掻いても暗い未来しか見えない。

「あれ? こんなところで何してんの?」

(´<_` )「……あなたは」

>>9-12までのAAから一人
>>135



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:49:45.05 ID:vA+iJyq50
从 ゚∀从 (♂)

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/12(金) 22:50:37.97 ID:6PWSttm20
ヒート

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/12(金) 22:50:56.60 ID:6PWSttm20
シュー

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:51:11.55 ID:tbIWXx++0
从 ゚∀从

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 22:57:18.96 ID:WW66UPFl0
lw´‐ _‐ノv「あの兄と一緒にいたのではなかったのか?」

聞き覚えのある声に、弟者は顔を上げられずにいた。
先程、いくら事故とはいえ兄者とのキスシーンを見られたのだ。
これで顔をあわせられるほど、弟者の心臓には毛は生えていない。

( <_  )「そう言うシューはクーさんと一緒ではないのか」

lw´‐ _‐ノv「クー姉は先に帰ったよ。私の息抜きに付き合ってもらっていただけだからね」

シューはそう言うと弟者の隣に座る。
あんなことがあった後なのに、尚弟者とこうして話をしてくれるシューに弟者は泣きそうになった。



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:03:01.65 ID:WW66UPFl0
lw´‐ _‐ノv「事情は分からないが、私は流石の関係には口出ししないぞ」

( <_  )「……いや、だからあれは」

lw´‐ _‐ノv「しかしまさかあの流石がホモだったとはな。
       普段はクールに決めているのに家では兄といやらしいことをしているとは思わなかったぞ」

( <_  )「だから、あれは」

lw´‐ _‐ノv「どちらが女役なのだろうな。状況を見る限り流石の方だろうか」

( <_  )「そういうのでは」

lw´‐ _‐ノv「痔が酷いだろうな。アンメルツヨコヨコで凝りを直すといい」

(´<_`#)「だから俺はそんなのではない!」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:10:53.46 ID:WW66UPFl0
降りかかる事実とは関係ない言葉に耐え切れず、弟者は顔を上げてシューに反抗する。

lw´‐ _‐ノv「なんだ違うのか」

(´<_`#)「普通に考えてそんな訳ないだろ!
      俺はただ兄者の手助けをしたかっただけで、恋仲になろうとは全く思ってはいなかった!
      それがどうだ! 兄者はいきなり俺に好きだと言ってくるわ事故でキスもするわ
      どこぞのホモだ!801だ!TDNだ! 俺の気持ちも考えずにこんな事になりやがって」

lw´‐ _‐ノv「しかし流石はそんな兄が好きなんだろう?」

(´<_` )「……す、き?」

シューに問われ、弟者は頭の中で考える。
確かにあんなことがあった後だが兄者に対して怒りは湧いてこない。
それどころか、別の感情が弟者の中にある気がした。

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:16:09.49 ID:WW66UPFl0

手を繋いだときも、キスをした時も嫌悪感は一切抱かなかった。
もしかするとこれはもしかするのかもしれない。

(´<_` )「俺は……まさか……」

lw´‐ _‐ノv「おっと。そろそろ帰らないと締め切りに間に合わないな。
       私でよければいつでも相談に乗るぞ。じゃあまた学校でな」

シューはそう言うと席を立ち、弟者の方を振り向かずに歩いていった。
再び一人となった弟者は自問自答する。
果たしてこれは恋なのか、まさか、そのまさかだ。

(´<_` )(教えてくれ>>151、この感情の正体は何なんだ)

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:16:53.69 ID:slZVeMybO


151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:17:20.41 ID:slZVeMybO


152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:17:39.34 ID:DwA7LsW6O
なんだ弟者×シュールでヤンデレ兄者登場かと思った。


もっとやれ。

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:22:13.11 ID:WW66UPFl0
(´<_` )「そうか……鯉なのか」

(´<_`*)「そうだよな! 恋なわけないもんな!」

勢い良く立ち上がりる弟者はどこか嬉しそうだ。
まさか同性の、しかも兄者に恋などど思っていたがやはりその通りだ。

(´<_`*)「こんな所にいないでさっさと帰ろう。そして兄者にもう一度説得しよう」

一人そんなことを呟きながら弟者は広場を後にした



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:30:15.57 ID:WW66UPFl0

その頃兄者といえば、ホモ専用ラブホで裸になって待っていた。

(*´_ゝ`)「801板も見たしwwwwwwwwwwwこれで準備は万端だwwwwwwwwwwwwww」

ハイテンションでベットの上で跳ねている兄者はいい歳してバカらしい光景だ。
高揚した気分で来るはずもない弟者を待っていると、不意に携帯が着信を告げた。

( ´_ゝ`)「お、弟者からだ」

急いで携帯の通話ボタンを押す。
受話器から聞こえてくる弟者の声に兄者の顔は歪みっぱなしだ。

『兄者か? 今どこにいる?』

( ´_ゝ`)「うーんと、っていうか弟者はどこにいるんだよ」

『今VIP駅前だ。今から話したいことがある』

(*´_ゝ`)(これはフラグの神様降臨!)

( ´_ゝ`)(しかし弟者の事だ。そう簡単には来ないだろう)

( ´_ゝ`)(>>165、どうやってここまで誘い出そうか?)



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:31:58.33 ID:slZVeMybO
鯉で愛を釣る

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:33:02.43 ID:vA+iJyq50
ホモに襲われてる演技で電話だ!
兄者!

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:33:04.57 ID:jIOz5myc0
やらないか

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:33:05.02 ID:slZVeMybO
鯉キングははねるをつかった!

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:33:06.06 ID:9yTTwxnM0
ここはスタンダードに「やらないか」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/12(金) 23:34:05.68 ID:oFjGHx4L0
暴漢に襲われている
助けて

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:37:43.14 ID:WW66UPFl0
( ´_ゝ`)「鯉キング! はねるんだ!」

『びっちびっち』

( ´_ゝ`)「はねてるwwwwwwwwwww何してんだwwwwwwwwwww」

『びちびちびっち』

( ´_ゝ`)「音声だけだから何が起きているのかwwwwwwwwwwwwww」

『まぁ冗談はここまでとしてだ』

( ´_ゝ`)「冗談に聞こえねーよwwwwwwwwwwwww」

『話したいことがあるから今どこにいるのか教えてくれればそこにいくが』

( ´_ゝ`)(面倒だから直球でいいか)

( ´_ゝ`)「>>174、何か良いセリフを頼む」


173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:39:56.87 ID:lkKiVCE0O
ラブスカイハリケーン、にんにん


愛してるよ

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:40:05.60 ID:/6R27rKzO
ルイズのコピペ

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/12(金) 23:40:14.43 ID:oFjGHx4L0
はってん場

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:40:51.89 ID:GGINxLY60
>>174

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:40:52.01 ID:tbRhr8L1O
駅の裏の『ラ・メェ』ってとこだ。

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:40:56.39 ID:wz0DLaGg0
愛する弟者よ、今夜はワンナイトカーニバルだ

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/12(金) 23:41:18.92 ID:bG+vkplp0
>>173
純子wwwwwwwwwwwwwwwwww

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:42:31.64 ID:tbRhr8L1O
23:40台のレス集中率パネェwww

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:49:42.67 ID:WW66UPFl0
( ´_ゝ`)「弟者!弟者!弟者!弟者ぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
     あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!弟者弟者弟者ぅううぁわぁああああ!!!
     あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
     んはぁっ!弟者たんの桃色ブロンドの髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
     間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
     恥ずかしながら手ぇ繋ぐ弟者たんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
     アニメ2期放送されて良かったねルイズたん!あぁあああああ!かわいい!ルイズたん!かわいい!あっああぁああ!
     弟者の兄で嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
     ぐあああああああああああ!!!お兄ちゃんなんて現実じゃない!!!!あ…でもよく考えたら…
     これって運命じゃない?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
     そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!最高だぁああああ!!
     この!ちきしょー!やめてやる!!法律なんかやめ…て…え!?見…てる?電話ごしの弟者ちゃんが僕を見てる?
     弟者が僕を見てるぞ!ル弟者が僕を見てるぞ!弟者が僕を見てるぞ!!
     弟者が僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
     いやっほぉおおおおおおお!!!僕には弟者ちゃんがいる!!やったよお前ら!!ひとりでできるもん!!!
     あ、リアルの弟者ちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
     あっあんああっああん母者様ぁあ!!シ、シエスター!!アンリエッタぁああああああ!!!タバサァぁあああ!!
     ううっうぅうう!!俺の想いよ弟者へ届け!!駅前の弟者へ届け!」

『よし、場所を言え。殺しに行くから』

( ´_ゝ`)「駅の裏の『ラ・メェ』ってとこだ」

『よし、待ってろ』

ガチャン

( ´_ゝ`)「やったねwwwwwwwwwwwwwwwwww愛が伝わったwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:51:25.11 ID:Szix58Nw0
ルイズたん混じってるwwwww

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:52:24.96 ID:c84DI5nB0
変えきれてねえwww

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:56:55.84 ID:WW66UPFl0
それから暫くの間、兄者は弟者を待っていた。
wktkだのktkrだの呟きながらベットの上で正座して待っていた。
そうしていると、ドアを強く叩く音が部屋に響いた。

『出て来いやぁこの変態野郎が!』

( ´_ゝ`)「きたwwwwwwwwwwww弟者きたwwwwwwwwwwwww」

『ここに来るまでの間に良い男にほられそうになった俺の気持ちを考えろこの糞兄貴め!』

( ´_ゝ`)「待ってろよwwwwwww今開けてやるからwwwwwwwww」

( ´_ゝ`)「でも普通に開ける→ギシアンも何かなぁ…・・・」

( ´_ゝ`)「>>200、何か良い案はないか?」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/12(金) 23:59:15.39 ID:slZVeMybO
作者の本気を出してモノホンの801小説の流れに持っていく

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:00:02.22 ID:DjBhDGiw0
M字開脚で両足を使いドアノブをひねって扉を開け、飛び込んできた弟者に局所を踏んでもらう

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:00:19.29 ID:i3SEsz7sO
作者の本気により兄者か弟者が女体化、ホモ専用ラブホを追い出される

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:00:32.13 ID:ATPY6YF70
弟者が入ってきた瞬間に愛のドロップキック

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:00:40.37 ID:lhs7dUP40
お姫様だっこで抱き上げてベッドに放り投げる

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:00:46.02 ID:I0uJmjqn0
逆立ちしながら開ける→倒れこんで69に持ち込む

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:00:53.63 ID:CjJaxlmbO
いかにも事後でパニックっぽくすがりつく

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:01:00.36 ID:i3SEsz7sO
作者の本気により兄者か弟者が女体化、ホモ専用ラブホを追い出される


204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:01:02.23 ID:PlQerqeO0
扉を開けてオト者が入って来た瞬間気絶させる

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:01:27.24 ID:BkiKmZedO
SMポーズで待機

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:02:02.86 ID:DtlbZY+uO
ひどすぎるwwwwwwwww

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:02:28.30 ID:lhs7dUP40
あらゆる体位が詰まったレス群だな

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:10:25.82 ID:vescHx1r0
良いアイディアを思いついた兄者はドアを開けるや否や鬼の形相の弟者に襲い掛かる。
素早く弟者の膝裏に手を差込むと、弟者を抱き上げそのままベットまで連れて行く。
その間、弟者は何かを叫んでいるが兄者は聞かないフリをした。

(´<_`#)「目を覚ませ兄者!」

(*´_ゝ`)「ふひひひぃwwwwwwwwwww目なら開いているんだぜwwwwwwwwwwwwwwww」

勢いに任せて弟者をベットに放り投げる。
物凄い音がして弟者は痛そうな顔をするが、兄者はそんなこと気にもしていない。
頭の中では最愛の弟をギシアンしている妄想で溢れていた。

弟者の上に兄者が乗る。
完全に逃げることが出来なくなった弟者の顔は血の気が引いていた。
これは本当にやばいかもしれない。そんなことで頭はいっぱいだった。

(´<_`;)(まだ!まだ女の子とも付き合ってないのにほられたくない!)

(´<_`;)(>>214、頼む何とかしてこの状況を助けてくれ!)


211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:11:39.15 ID:i3SEsz7sO
掘られるのがいやなら掘ればいいじゃない

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:12:11.43 ID:BkiKmZedO
爆発する

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:12:15.58 ID:MoJLy2ZX0
先にイかせちゃえ☆

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/13(土) 00:12:24.56 ID:ATPY6YF70
110番に電話
215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:12:27.85 ID:/N22YgRNO
逆にせめようぜ!

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:12:37.32 ID:gr9+jou6O
取りあえずシャワーを浴びさせてと兄者に懇願する

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:13:10.77 ID:3419+ulqO
兄者のアナルに手首まで突っ込んで奥歯ガタガタ言わせる

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/13(土) 00:13:12.45 ID:+QTXvlQW0
警察wwwwwwww
兄者オワタwwwww

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:13:12.90 ID:cTCRIBZi0
観念して体を委ねる

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:13:20.65 ID:DtlbZY+uO
ドロドロに溶け合うくらい愛し合う
そして、男なのに孕む

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:13:17.98 ID:lhs7dUP40
的確すぎる解決策www

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:21:06.11 ID:vescHx1r0

(´<_`;)(そうだ……ポケットに携帯が)

こうなったら兄者には悪いが国家権力に任せてしまおう。
もはや弟者の手では終えそうにない。その前にやられるのがオチだろう。
しかし問題は動きを止められているこの状況で、どうやって携帯に電話を掛けられるかだ。

(*´_ゝ`)「おーとじゃ、アナルセックスしよっ☆」

兄者の現在の状況は四つんばいで弟者の上に乗っている。
両手は弟者が逃げないようにと弟者の両腕を掴んでいる。
つまり、弱点の部位はがら空きなのだ。

一か八かやってみる価値はある。
弟者は右膝をそのまま上へと突き上げる。
突き上げた先は兄者の息子があった。

(´<_`#)「ほわたぁ!」

( ゜_ゝ゜)「うぼわぁ!」

兄者は死んだ。

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:22:52.83 ID:j+xztINMO
死んだwwwwwwwwwww

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:23:17.61 ID:ATPY6YF70
いてぇwwwwwwwwwww

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:29:13.97 ID:vescHx1r0
その後は気絶する兄者を廊下に放り出してすぐさま警察を呼んでもらった。
廊下に放置された兄者は思ったとおり良い男にほられたそうで、
防音設備が施されている弟者の部屋まで悲鳴が聞こえてきたそうだ。

警察に連衡される兄者の最後の姿を見ようと弟者は部屋から出て見ていた。
まさか身内の兄が警察に連衡される姿を見てしまうとは思わなかっただろう。弟者はどこか寂しそうだった。

(´<_` )「兄者……」

( ´_ゝ`)「弟者……」

警察の人に少し待ってて欲しいと告げると、兄者は弟者の所までやってくる。
勿論側には警察官も一緒だ。

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:33:41.68 ID:vyg3nt4Q0
>>20までの状態でまさかこんなくま吉くんな展開になると誰が予想したであろうかwwww

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:35:57.65 ID:vescHx1r0
( ´_ゝ`)「俺さ……あんな事しちゃったけど、弟者の事好きだった。
      出来れば別々の人間として出会いたかったよ」

(´<_` )(普通に考えて同性同士はねーだろ)

( ´_ゝ`)「後俺弟者を掘るつもりは一切なかった。むしろ掘られたかった」

(´<_`;)「聞きたくねぇよそんなこと!」

( ´_ゝ`)「じゃあな弟者」

そう言って兄者は弟者の前から去る。
どうしようもない寂しさが残るが、心のどこかで安心していた。
これで俺の貞操は守られた、そう思えばこれくらい何の問題でもなかった。

(´<_` )「あれ……目の前が」

視界が歪む。回転する世界に耐え切れず弟者は目をつぶってその場にしゃがみ込んでしまう。
雑音と喧騒を聞きながら、弟者は意識を失った。

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/13(土) 00:42:52.17 ID:vescHx1r0
次に目を覚ましたときは自室のベットの上だった。
一体いつの間に家に帰っていたのだろうかと思うが、同時に今までのことが現実なのかと疑った。
まさか本当に兄者はもういないのか。そう思った弟者は兄者の部屋へ行ってみる。

(´<_` )「兄者、兄者いるか?」

( ´_ゝ`)「何だ弟者朝から。俺は今から寝るんだぞ」

普通に兄者は家にいた。
という事は今までのことは全て夢だったのか。
そう思うと弟者は堪らない位嬉しかった。

(´<_`*)「そうだよな、普通に考えてそんな事ないよな」

( ´_ゝ`)「何だニヤニヤ笑って気持ち悪い。何かあったのか」

(´<_` )「ちょっとな、悪夢を見ていたみたいだ」

( ´_ゝ`)「そうか。それは夢で良かったな。
      ところで弟者、俺嫁が欲しくなったんだk」

(´<_` )「却下する」






おわり

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。