上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
泡沫のパティ 【( ^ω^)天下一ブーン会祭り】短編感想

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【( ^ω^)天下一ブーン会祭り】短編感想 

さて、ここで一つ"祭りが終わってから大分時間も経っているのに何故今になって感想なんだ"
という弁解をさせてもらいたいと思う。
単純に最近全部読んだからです。時代の波に遅れ過ぎワロタ。

祭りのまとめはブーン文丸新聞さん、( ^ω^)フェスティバロスwwwさんが行っています。
色を題材に書くという祭りでした。
以下ネタバレ無し


文丸さんのまとめ欄に載っている順番で書いています。
リンク先は全て文丸さんです。

( ^ω^)は正義の味方のようです

何ぞこれwwwwwww
タイトル通り、正義の味方のVIPレンジャーが悪に立ち向かう話。

話の長さ的に、序盤部分の印象をとても強く感じた。
個人的にはここから先の続きが気になる。何故そこで切ったんだこのじらし上手!
戦体物だけど戦う場面は一切ない。常時会話で話は進んで行く。
ヒーロー戦体の色事情について思わずあぁ!となる。近頃の戦体に緑はあまり見かけない。

本当にこれは何ぞこれ、としか言えない。
ギャグテイストで進む作品。
これからというところで途切れられたラストには悔しさを感じる。ビクンビクン。

セピア色の記憶、のようです

昔話をAA風にアレンジした作品だけど若干変更ってレベルじゃねーぞ!
白雪姫とかもう白雪姫の面影もありゃしない!
これはないwwwwwwおかしすぎるwwwwwwww

オムニバス形式で、いくつかの昔話を書かれているこの話。
色々おかしく突っ込みどころが多すぎて何も突っ込めない。
桃太郎の話が一番好きだな。しかし桃太郎最初の一レスは正直意味ねぇぞ!何なんだ!

全体的な雰囲気として言うならば、シュール以外に思いつかない。
ギャグをギャグとして狙って書いた訳じゃなく、当たり前のように書いているのがおかしかった。

( ><)オレンジライダーのようです

弟のビロードの為に奮闘する兄、ベルベットの話。
ほのぼのとしていながらもどこかシュール。そんな印象を一番に感じた。

誰しも経験のある、自転車を乗るための特訓。
いつまで経っても乗れないビロードに、中盤ベルベットはある特訓方法をする。
何と言うか酷すぎるwwwwwAA自体が無表情だから相まって余計に怖いwwwwwwww

実のところ、タイトルである程度予想はしていたのだけど
実際に読んでみると、やっぱりそれだけで格好いいなと思う。
ベルベット視点で、詳しい事はあまり書かれていないのだけど
だからこそ、ビロードの背中がいつもより男らしく見えたんだろう。

本編ラストの一レスが格好いい。
たった一文だけど、ビロードの姿を想像できていいなぁと思った。
小さな子供が頑張る姿ってのは、どんなものでも感じさせられる何かがある。

子供時代の、日常のワンシーンを描いた作品。
特に大きな起伏はないけれど、流れるように進んで行く。そんな話でした。

('A`)は虹を愛するようです

タイトルそのままを信じてしまったらいけない。
虹は虹でもあの虹ではない。もう一つの方の虹だ。

元ネタの作品が良く分からないので、あまり突っ込んだ事は言えませんが
本当の事を言うとすげぇどうでもいいwwwwwwwww
>>17->>19までの下りに哀愁を感じるのは気のせいじゃないような気がするんだ。

しっかり七色分あるあたり凄い。ローゼン分からないけれど、考えて配色したのなら凄いと思う。
ローゼン好きなら読むとドクオと一緒に鬱を感じられるかもしれません。

( ^ω^)さらばロシア・フォルマリズムのようです

初めて色をその目で確認したブーンの、色を巡る不思議な話。
哲学的と言うべきかカオスと言うべきか。色についてさまざまな見解や思考を巡らせている。
どちらにしても、読んで行くうちに自然と引き込まれて行く。そういった意味でも不思議な話だ。

新たな色を探し、色が崩壊し、色がなくなっていく。
地の文が多い印象が強いが、実際読むと多いとは思わない。
テンポ良く進む地の文が、量を気にさせずに進めている感じだ。
以下引用につき反転。

>一方、灰色がバンド名の語源になっているグレイは名無しになると思われていたが、
>スペルが違ったので間一髪助かった。

この部分に不覚にも吹いた。
難しい話だけで進まず、時折シュールとも言えるような文章もあって面白いです。

最後のレスが好きだな。結末的にははっきりとしていない、曖昧な部分もあるけど
それが逆に不思議な世界観を作り出しているし、何よりラスト二行が綺麗に締めていると思う。
うまく言えないけど、こういう話はとても好きです。未読の人は是非読んで欲しい。

( ^ω^)「ヒーローはレッド」を譲れないようです

実を言うと、戦記物はあまり得意な方ではない。
国の設定、個人の力や能力の設定と頭に入れないといけない事が多々あるからだ。
けれど、この作品は特に難しい設定はない。
最初は戦記物という事で戸惑ってしまったが、いざ読み進めるとどんどん話に引き込まれて行く。
気がつけば、一気に読み終えていた。

五人の勇者達が国の崩壊を防ぐため、他国にスパイとして侵入した所から話は始まる。
タイトルのヒーローはレッドは、作中にある昔話から来ている物だ。
話の中で何度かこの昔話の事が挙げられ、ブーン達に当てはめられて行く。
昔話の英雄達と共通部分がある、という設定が好きなものだから
この話題が出る度にワクワクしていた。

中盤からラストまでは凄い勢いで話が展開している。
ラストの、五人がそれぞれの思いをぶつけて、全員で力を合わせて戦う場面は熱くなる。
こういうのは本当にいい。読んでいるこっちも頑張れ!って思う。

今回の祭りの中では一番長い作品。でも、長いから読まないのはもったいない。
この話は、出来ればここでじゃなくて読んで本当の結末を知って欲しい。
完全無敵の敵との戦いの末にどうなったのか。それは読んでからのお楽しみ。

川 ゚ -゚)クーはマリッジブルーなようです

今回、天下一祭りの中で一番好きな作品だ。
クーとツンの会話文を主体に進んで行く、マリッジブルーに陥るクーの愚痴の話。

のんびりとした調子で進んでいくこの作品は、明日を結婚式に控えたクーの思いが語られている。
極度のシスコンであるクーが、ヒートと離れたくないとだだをこねるのをツンがなだめる。
どこにでもありそうな女友達のような会話。それでもどこかズレているのはクーとツンだからだろう。

この作品は一度だけじゃなく二度欲しい。
一度目は話の内容に浸る為、二度目は話の全体像を眺める為。
地の文はないので、一気に読み勧められる事が出来る。
会話の中に隠されたクーの心情を確認すると、いかにシスコンなのか再確認できる。

二重の意味で隠されたマリッジブルー。
色というお題の使い方も、ラストも、とにかく全てが面白くはっとさせられた話でした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。