上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
泡沫のパティ 恋われたいようです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋われたいようです 

ネタバレ有り

恋われたいようです
まとめ先はくるくるさん

先日完結した作品。
最初の投下の時から追っていて、作中の一風変わった雰囲気や話の進み方が凄く好み。
いやぁもう凄く好き。何から何まで自分好みで投下の度にニヤニヤしてた。
終わりが気になる反面、このまま終わって欲しくない。そう思わせるような作品だった。

ところどころに謎解き要素が詰め込まれている不思議な話。
最初は兄者としいのほのぼのとした哲学恋愛かと思ったら、その裏はとても濃厚な狂気。
途中で出てくる荒巻の話や意味深な謎の男の会話やブーンの過去等。
これらの出来事としぃ達はどう密接して行くんだろう。そう思いながら読んでいた。

この話の魅力は多々あるけれど、その中からいくつか挙げようと思う。

まずは謎解き要素。
これは既に一話の時点から謎解き要素が散りばめられている。
残念ながら私は話の内容を強く見て、謎解きはあまり触れていないので多くは語らない。
その前にどこが謎解きなのか本気でわからなかったというのが大きい。

作中や作者さんの発言で明らかになる前にわかった事はタイトルとラストの人物について。
タイトルはそのまま、恋われたいはしぃの為のタイトルで壊れたいはブーンの為のタイトルと考えていた。
こわれたいの方は兄者のだと思っていたけれど、中心となるのはしぃとブーンだけと聞いてからは
兄者に愛されたいという意味での恋われたい、だと思っていた。
壊れたいに関しては最終話を見てブーンに当てるのは違っているような気がした。
タイトルについてはこんな感じの考え。

ラストの人物は実際に読んでみる事をお勧めします。
何となくわかっていてもやっぱり驚きは隠せなかった。

今から読もうと思う人は数字を特に重視してみると面白いかも。
作中の兄者も数字を好む発言をしているけれど、
それを見落とさずに奥の奥まで考えて読むと後で凄いとビビる。
そんなの考えないで読んでいた人は今からでも数字を重視して読むと二度美味しい。

完結した後に再び読み直したんだけど、細部にまでこだわっていて凄いと思った。
論理的な考え方や言葉遊びが得意な人はきっと楽しめる。そんな気がする。

もう一つはさりげないAA設定。
特にこのAAはこんな性格と位置づけている訳じゃなく、最初からそうだったように書かれている。
けれどAAの設定、特にしぃの性格は違和感を持つ事なく決められていると思った。

>そう言って走って行ってしまった。
>お、しぃは急いでる時も障害者用のエレベーターを使わないで階段を使うのか。
>ちょっと見直したお。

たった三行の文だけど、これだけでしぃの性格の本質が見えた。
それまでは高飛車のわがまま娘と思っていたのが、これを見て一気に変わった。

特にしぃに関してはこういう感じの書き方をされているのが見られた。
AAのキャラ付けや書き方がとても綺麗というのもあるけれど、
この部分を見て書き方とかの技術とか関係なく凄いと本気で思った。

最後は描写。
これも上記と被るけど、最終話の眼球キスで胸が締め付けられるような思いをした。
明らかなネタバレになるのでここではその部分を挙げませんが
何と言えば良いのか、その光景を想像して切ないような気分になったような感じ。
眼球キスの時点でどう見ても狂気じみた物を感じるのに、それと同時に別の物も感じる。
それが何故か綺麗で切ない。そう思った。

この作品、クトゥルフ祭りにて投下されたこのこわれようです(リンク先は7xさん)の続編だそうだ。
途中のレスでその事を知って読んだ時に、何となくラストの人物が誰なのかがわかった。
こわれようですは恋われたいよりも恋愛要素が多く含まれている。
だからか、恋われたいを読んだ後にこわれようですを読むとニヤニヤが止まらない。

このこわれようですも一緒に見る事を強く勧める。
最初にこわれようです、次に恋われたい、
最後にもう一度こわれようですを読むと二つの作品のリンク部分が良く分かる。

この作品もクトゥルフから来ているという事で、クトゥルフ好きな人にも勧めたい。
とにかくタイトルでなんだろうと思ったらその時が読み時。今すぐ読みに行こう。

どうにも言いたい事は多々有るけれどどうにもうまく言葉にできない。
ただ一つはっきり言えるのは、私はこの作品が凄く好きだ。
全てひっくるめて大好き。謎解きとかは全然出来なかったけれど、
それを知った上で読むと更に面白い。

AAも見逃せない。後半に出てくるしぃ、兄者、ブーンの全身AAはやたら可愛い。
他にも自作と思われる大型AAを使っている。凄く上手い。

目次を見ると長く感じるけれど、一話のボリュームはちょうどいいくらいの長さ。
話にもよるけれど、ちょっとした時間に読めるくらいの量になっているかと思います。

狂気とクトゥルフと、少しのほのぼのと恋愛を足して割ったような作品。
面白いと言うだけじゃ足りないくらい面白い。何度も言うけど凄いお勧め。本当に良い作品です。

コメント

謎解き難しいですよね
あれ現行で全部わかった人いるんだろうか…

  • [2009/07/11 12:32]
  • URL |
  • 名無しさんのようです
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲


>>※1

全部分かった人がいるならそれは凄い人だ……。
恋われたいの謎解きは初見じゃ中々見極めにくい気がします。

現行投下中も作者さんが後書きでヒントをくれたりしていたので
もしかしたらそこから分かった人もいるかもしれません。

謎解きは何度か読み返してようやく見つけたときの嬉しさが凄く大きい。
難しいけれど練り込まれた話の謎が気になって
ついつい探して見つけたくなります。

  • [2009/07/12 00:37]
  • URL |
  • 泡沫(あわまつ)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。